pc_img2

出張先で立ち寄ったスナックの女の子と一夜限りの関係を持ちました

私は仕事で地方に出張をして、ホテルに泊まる事になりました。
と言っても寝るにはまだ早かったので、街中をぶらついてみる事にしたのです。
すると一軒の、落ち着いた雰囲気のスナックを発見しました。
これは良いと思い、私はこのスナックに入りました。
するとママさんと思しき女性と、中々きれいな顔立ちをした若い女性がいたのです。
私はビールとおつまみを注文して、椅子に座りました。
すると若い女性が横に来て、私にビールを注いでくれ、話しを始めたのです。
他愛のない世間話をして、ビールを飲んでいる内に良い気分になってきました。
そして私は冗談で若い女の子に、「僕とエッチしない?」と言ってみたのです。
そしたら女の子は「良いよ」と返事をしました。
私は冗談で言ったつもりなのに、なのにそんな返事が返ってくるとは思わなかったので、驚いてしまったのです。
彼女は目は真剣で、適当に答えたのではない事が分かりました。
私は「本当にいいの?」と聞き返し、それでも彼女は「良いよ」と言ってきたのです。
「じゃあどこでしよっか?」と尋ねると、彼女は「自分の部屋でしよう」と言いました。
それで私は彼女に連れられ、彼女のアパートまで行ったのです。
部屋に入ると早速彼女は服を脱ぎだし、下着一枚になりました。
私はそれを見て彼女が本気だと言う事が分かり、私も下着一枚になりました。
すると彼女は私のパンツを降ろし、ちんちんを手に取り、フェラを始めたのです。
私のちんちんはそれで目覚め、みるみるうちに大きくなりました。
それで私は興奮して、彼女の下着を脱がし、四つん這いにさせて、後ろからおっぱいを揉み揉みしました。
彼女はそれでかわいい喘ぎ声を挙げ、その声で私のちんちんはカッチカチになったので、後ろから彼女の割れ目に突っ込んだのです。
そして彼女の腰を両手でしっかりとつかみ、大きく前後運動を始めました。
最初はゆっくりと、次第に激しく動きました。
私のその行為で彼女の喘ぎ声は一段と大きくなり、しばらく経ってからイッタようです。
それからしばらくして私にも込み上げてくるものがあり、彼女の中に欲望の全てを吐きだしたのです。
しばらく彼女とセックスの余韻に浸った後、私だけホテルへと帰りました。
その後私はココでの仕事が終わり、本社へと帰りました。
それからという物、彼女とは一切会っておらず、今頃どうしているのかと思う事が良くあります。